スロープ工事

我が家の玄関の階段。

画像

ここに自転車を昇り降りしやすいように、スロープを
付けて欲しいという息子からの要望がきた。

息子はまだ自転車を担いで降ろす力は無く、
自分か嫁さん、たまにお向かいの旦那さん(!)が
自転車を上げ下げしている。

スロープと言っても板を渡したり、アルミ製のラダーを
かけたりとさまざまだが
やはりコンクリートでスロープを作ってしまうのが
いちばん安定してそうだし、見た目もよさげかと。

とはいえ業者にスロープ工事を依頼すると、おそらく
40~50万円はかかる。

ではDIYで、といってもまだ新しい階段にコンクリートを
打つのはどうも気が引ける・・・
素人なので上手く行くかどうかもわからんし。

グルグル考えたあげく、

画像

こんな感じで三角形のブロックを置いてスロープに
するのがいいのかな、と。

つってもこんな都合のいいサイズのコンクリートブロックなぞ
売ってるわけも無く。

ならば自作するしかないね、ってことでコンクリートブロックの
製作に着手。
ついにコンクリートに手を出した。

画像

まずはコンパネと端材でブロックの型枠を作る。

画像

コンクリートはコレ。
水を混ぜるだけのお手軽タイプ。

25Kg(重い・・・)で出来上がり量は12.5リットル。

希望するサイズのブロックの体積は
(12×29×40)÷2=6960立方センチメートル=約7リットル。

コレ一袋でブロックが2個できるが、若干足りない勘定。
後でコンクリートを足すのも面倒だし、ここは単純に
コンクリート一袋でブロック2個つくる、ということで。

なのでブロックの幅は35センチほどになるか。

スロープ幅は30センチもあれば大丈夫なのでOK。

画像

トロ舟の中でコンクリートに水を足して練り上げる。
これがまたなかなか腰にクル。

そしてこのコンクリートを型枠に流し込むのだが、
型枠を外しやすくするように「剥離剤」なるものを
コンパネに塗っておくと良いそうだ。

しかしながら剥離剤は一斗缶でしか販売されておらず
DIYではちょいとコスパが悪い。

調べたら灯油か植物油でも代用できるそうなので

画像

昔買ったバイクのエアークリーナー洗浄液を使ってみる。
湿式エアークリーナーに染み込ませるやつね。

こいつの主成分は灯油系。
上手く行けばいいけど。

画像

型枠の中にコンクリートをボタボタと流し入れ、
揺すって詰め込んで行く。

コンクリートの総重量は60キロ近く。
型が崩壊してコンクリートがべろべろーんと流れ出るような
ことにはならずにひと安心。

画像

あとはこのまま乾燥。
へんなもの放り込んじゃだめよ。

1週間ほど置けばいいかな。

ちなみにブロックの必要数は9個。
先は長い。

この記事へのコメント