テーマ:311

宮城沖M6.9

夜勤明けの夕方、ソファーでテレビをザッピングしてたら 携帯がギュインギュイン鳴り出し、ガタガタっと横揺れがきた。 先月13日の地震と同じ、ヤバそうな揺れ。 子供たちはいち早くテーブルの下へもぐる。 先月の地震で壊れ、買い換えた娘の絵の額縁が またもや壊れてしまった。 接合が取れただけみたいなので今回は直せるかな。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年

東日本大震災から10年。 閖上に行ってお花をたむけてきた。 閖上に来たのはだいぶ久しぶりになるが、整備が 進んで景色が変わっていて道に迷ってしまった。 仙台から海辺の県道を南下し、閖上大橋を渡って 歩道橋のある交差点を左折すれば閖上・・ だったはずだがそもそもこの歩道橋自体が無くなり、 かわりに巨大なスーパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

23:08福島沖M7.1

寝込みを襲われるとはこのこと。 下から突き上げるようなゴンッという縦揺れで目が覚め、 携帯の緊急地震速報が鳴った。 その後縦と横が混ざったような激しい揺れが1分近く続いた。 3.11を経験した人なら誰もが「これヤバいやつ」と本能的に わかる揺れ。 宮城県内の最大震度は6強、仙台市で5強であった。 棚から物が落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反射式ストーブ

我が家はオール電化の全館床暖房。 今年の寒波でもじつに快適に過ごしているが、 いざ停電になると手も足も出なくなってしまう。 これが以前から懸念していたところ。 ということで反射式ストーブを配備した。 電源不要、暖もとれて煮炊きもできる。 まさに最強の防災グッズ。 あったかいねぇ。 やっぱり化石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9年

東日本大震災から9年。 今年は新型コロナウイルスで先の見えない 混沌とした世の中。 なんだか震災のときを思い出させる。 でも、みんなで分け合って助け合っていたあの時と違って 今回はデマや買い占め、転売と人の嫌なとこばっかりが 浮き彫りになっている。 法律でマスクの転売禁止しなきゃならないって・・ なんだか情け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震

宮城で最大震度5弱の地震。 いまにもドカーンとさらに大きな波がきそうな、 あの揺れ方は嫌ですなあ。 子供達はいち早くテーブルの下に潜ってた。 戸棚の耐震ラッチが作動したが、不思議なことに 右開きの方はロックしていなかった。 揺れの大きさと方向にもよるのかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8年

東日本大震災より8年。 近所のスーパーの通路にあるマンホールは 20センチほどせり上がったまま。 あの時はこんな風景があちらこちらで見られた。 ここはあまり人も通らないとこなのでそのままなのかな。 周りを囲った丸太もどこか古ぼけ、8年という歳月を 物語ってるようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7年

東日本大震災から7年。 近所のかたは沿岸に家があったが津波で流されて 今の場所に引っ越してこられたとか。 場所自体はわりと昔からある住宅地なんだけど 震災以降、一気に家が増えた。 なので周りは新築の家がほとんど。 津波で家を失った方たちもけっこうな割合で 移り住んでいるのかもしれない。 言い方はおかしいかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6年

東日本大震災から6年。 あのとき生後6ヶ月、ローソクの光の中でタライのお湯で 入浴させた息子も春から小学生。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着実に

志津川中学校からの景色。 こちらは今年の正月に撮ったもの。 くらべるとだいぶかさ上げ工事が進んでいるのがわかる。 アーチ状の国道398号線の跨線橋は取り壊されてる。 ざっくり言うとこのようになるらしい。 今年中にはおおまかな町の形が見えてくるかも。 袖浜に行ってみた。 ここは海水浴場があった場所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5年

東日本大震災から5年。 最近になって災害復興住宅や集団移転用の造成地が あちこちに一気に出来て来た。 まだ5年。本当にまだまだこれからって感じ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土盛り

志津川は震災後しばらく荒涼とした景色だったが 最近になってかさ上げ工事が本格化してきたようで 高さ10メートルに盛られた盛り土のピラミッドがあちこちに 出来ている。 志津川中学校の高台に登ってみた。 震災当時、よくテレビ中継されてた場所。 こうしてみるとかさ上げ工事の様子がよくわかる。 陸橋みたいな道路は国道398…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城沖M6.0

東北地方も梅雨明け。 昼ごろミー坊が盛大にウ○チをして、オシリ拭きでは 追いつかないレベルだったのでお風呂へ。 ひとしきり沐浴を終え、カズ坊とお風呂を洗ってたら いきなりグラッときた。地震だ。けっこうでかいぞ。 揺れは30秒以上続いた。 揺れがおさまってきたころになってテレビに緊急地震速報 がでた。携帯もギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閖上へ

震災から明日で1年。 津波の犠牲になったカモさんはじめ犠牲者の方々の 慰霊のため名取市の閖上(ゆりあげ)へ。 町の面影はほとんど無い。 記憶の中の町並みを必死に思い出そうにも、 あまりに何も無いせいか思い出すことも出来ない。 でも忘れませんよ。 たまにこうやって来ますからね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

り災証明

震災から5ヶ月。 「一部損壊」と判定されていたマンション共用部の り災証明が、再判定の結果「半壊」となった。 マンションの場合は基本的に共用部の判定結果が 戸別の専有部にも適用されるので、我が家も半壊の 判定となる。 まぁエントランスの壁の大理石は崩れ落ちてるわ、 立体駐車場はまるごと15センチ近く浮きあがって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志津川へ

南三陸町志津川の嫁さんの実家へ。 嫁さん、アルファードを初ドライブ。 10時10分で握ったハンドルが緊張感を物語る。 いつも乗っている軽にくらべるとパワーがあって 乗りやすいとのこと。 でしょう。 三陸道の車窓から。夏ですなぁ。 なんで父ちゃんが横に乗ってんの? アルファードのセカンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

り災証明

3月の地震で自宅マンションには大きな被害は なかったのだが同じ住人の人から「り災証明」を 取っといたほうがいいと勧められたので申請のため 区役所へ。 区役所には臨時の申請コーナーが設けられ 十数人の職員の方が対応にあたっていた。 並んでたのは30人ほどか。 マンションの場合は、占有部(つまり自分の部屋) だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリスマ美容師

志津川へ。 震災から2ヶ月、ガレキはまだほとんどそのままだが どことなく片付いた感じもする。 なので懸命に撤去作業はされているのだろう。 しかしいかんせん規模が大きすぎる。 なにしろ町ひとつが壊滅したんだものなぁ。 実家は水がまだ来ていない。 水源の井戸が津波で流されてしまったため、復旧には相当の 時間がかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災後

50日経って、津波の犠牲になった仕事仲間カモさんの葬儀。 享年30歳であった。 49日を過ぎてからやっと葬儀をできたというところが この震災を物語っている。 葬儀は亡くなった方の冥福を祈るだけではなく、 その人の死を受け入れ、涙を流して気持ちに区切りをつけ、 先に進むための儀式でもある そんなことを強く感じた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災ゴミ

地震で割れた食器など、震災ゴミを捨てに鶴ヶ谷へ。 ハンパない雷雨の中、約1時間半並んだ。 タンスが倒れて粉砕されたガラステーブルも廃棄。 食器の大半が割れてしまったり、台所の壁に穴があいたり (冷蔵庫の上に置いといた炊飯ジャーが突っ込んだらしい) したが、それでも周りの方々の状況にくらべればウチはまだ 被害が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰宅

灯油不足で使用制限されていたマンションの給湯が 通常使用可能となり、近所のスーパーも営業再開と なったため、避難先の実家より帰宅。 1ヶ月ちょっとの避難生活。 カズ坊のオムツを買うため、寒空の下2時間並んでくれた 父親はじめ家族には感謝してもしきれない。 本当にありがとう。 倒れたタンス、食器棚は金具でガッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復電!

志津川のお義母さんより「電気来たどー」との連絡。 津波で流された変電所を新たに作り、電柱も建て直して 1ヶ月ちょっとで復旧(いや、復興か)した。 驚くべきスピード。 東北電力グッジョブb
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志津川へ

東京に住んでいる義理の弟夫婦とともに志津川へ。 前回お仕事で会えなかった義父さんとも会えた。 カズ坊とも会えてすごく嬉しそう。 ここ何日か分の新聞を持って行ったらたいそう喜ばれた。 嫁さんのおじいちゃんち ・・・のあったところ。 「おじいちゃんちは玄関出るとすぐに海でね」 と嫁さんが話してくれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またかよ!

夜勤中に突然の大きな地震。 震度6強。余震とは言えないようなレベル。 揺れは30秒ほど続いた。 本震のときは倒れなかったテープ棚が倒れた。 揺れの方向が違うのか? ドタバタの夜勤を終えて恐る恐る帰宅。 周囲は停電していたが、マンションのあるブロックは 停電していなかった。 が、やはりエレベーターは停まって…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

志津川へ・・

嫁さんの地元の南三陸町志津川へ。 三陸道はまだ一般車が通れず、国道45号線もところどころ 通行止めということなので、東北自動車道で築館までいき 国道398号線から入るルート。 南三陸町といえばテレビで毎日のように壊滅した町が 映されていたので、どんな様子かはわかっていたつもり だったのだが、実際見るともう・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガソリン行列

ラジオを車内に持ち込んでガソリン給油まち。 エンジンかけっぱなしで待つわけにはいかんもんね。 4000円分、と聞いていたが満タン入れることができた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分け合って

marさんがブログでこんな詞を紹介してた。 読んでて涙が出た。  うばい合えば足りぬ  分け合えばあまる  うばい合えばあらそい  分け合えばやすらぎ  うばい合えばにくしみ  分け合えば喜び  うばい合えば不満  分け合えば感謝  うばい合えば戦争  分け合えば平和  うばい合えば地…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

地震!

日勤。 出社したらデラさんが 「家に携帯忘れて来たんすよー。普段こんなこと無いのに」 と言っていた。 引き継いだ矢先にこの時間には珍しい素材送りが入ったり、 朝からなんとなく調子の狂う感じ。 「こんな日はなんかあるんだよねー」 なんて言ってたら、昼前に大きな地震! 長く続く揺れで、徐々に大きくなっていく感…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more