お庭キャンプ

GWは不要不急の外出を避けお庭でキャンプ。

IMG_2527.jpg
テントとセロー。
映える。

IMG_2548.jpg
風が強いのでホットプレートで焼き鳥。
これはラクで良いね。
でも炭火の方がやっぱり旨い。

IMG_2542.jpg
夜はテントで就寝。
さすがに寝袋だけではまだ寒いのでマットレスと
毛布も持ち込む。
田んぼから聞こえるカエルの声が心地よい。

夜中、震度3の地震があった。
テントは地響きもよくわかる。

水槽の水ぜんぶ抜いてみる

メダカの水槽の藻がひどくなってきた。
ガラスを掃除してもすぐに緑色に戻るありさま。

原因は水の富栄養化。
底の砂利に沈殿した餌の食べ残しや魚のフンのせいで
水が栄養たっぷりになってしまっており、すぐに藻が
繁殖してしまうようだ。

こうなるとちょっとの水替えではもう追いつかないので
水槽の水を丸ごと抜いて砂利も綺麗にする。

IMG_2506.jpg
メダカたちをいったん出し、水槽の水をぬく。
すごいね。沼みたい。

IMG_2508.jpg
借りぐらしのメダカッティ。
石巻貝もいるよ。

IMG_2510.jpg
底砂利をバケツでザブザブ洗い、戻す。

洗い水はすさまじい色に。
こういう汚れがごそっと取れるのを見るのは
なんとも気持ちいいい

IMG_2511.jpg
お掃除完了。なんという透明感でしょう。

水槽の大掃除はこれで二回目。
水質が変わり過ぎるのもあまりよろしくないそう
なのだが今のところ大丈夫なようだ。

トイレストッカー製作

IMG_2457.jpg
我が家のトイレ。
もっとトイレットペーパーをしまえるように
収納が欲しいと嫁さんからの発注あり。

横の棚の下に収納があれば良い感じかな。
とはいえここにぴったり入るようなラックは
なかなか売ってるはずもなく。

ということで作るしかないね。

IMG_2464.jpg
イメージはこんな感じ。
当初2枚の引き戸だったのを途中で気が変わって
3枚引き戸に設計変更した。

IMG_2455.jpg
材料は文庫本ラック。

これは亡き弟が使っていたもの。
本好きで、マンションのひと部屋をマンガ本部屋に
していた。

これのサイズを詰めてリメイクする。

IMG_2466.jpg
電ノコでカット。

IMG_2469.jpg
本体部分組み立て。

IMG_2471.jpg
横幅は元の文庫本ラックのまま。
奥行きはトイレの棚に合わせて切り詰めた。
トイレットペーパーと消臭スプレーがおさまるように
棚の間隔も変更してある。

IMG_2474.jpg
引き戸のE型レールを接着剤で取り付けた。

IMG_2462.jpg
これはモノタロウに発注したもの。

ごらんのように過剰ともいえる包装で届く。
このため250円のレールに対し、送料500円、
さらに特別送料500円。
合計1250円。

なんとも悩ましいとこだが、同じレールをホームセンターに
探しに行く手間などを考え抜いたすえ、ポチッとした。
後悔はしていない。

IMG_2490.jpg
本棚の背板をカットして引き戸にする。

IMG_2495.jpg
レールにはめ込む。
いい感じね。

IMG_2503.jpg
トイレに設置。
壁にL字金具で取り付けてある。

黒いので圧迫感あるかな?
と思ったが意外にそうでもないかも。

IMG_2504.jpg
トイレットペーパーなら最大20個収納可。

足の置き場と、掃除がしやすいように床から
浮かせてあるのがポイントね。



IMG_2505.jpg
トイレに飾ってある娘の描いた禰豆子。
なにやら狂気を感じる。

ひこうきぐも

庭で芝生張りをしてたら娘が学校から帰宅。

IMG_2482.jpg
パパ、あの飛行機雲へんだね。途中で切れてるね。

そうだね。なんでだろ?
エンジン止めたとか?

IMG_2485.jpg
なんだか不思議な空もよう。

今月は色々な仕事に追われ、次から次へと
色んなものがやって来て
目先のもので精一杯。

こうやって空見上げたのはひさしぶりかも。

味噌ぐら

勝手口の横に小型物置を設置。

IMG_2439.jpg
基礎のコンクリートブロックを並べる。
水平をしっかり取るのが肝。

IMG_2441.jpg
本体組み立て。

IMG_2442.jpg
完成。

IMG_2448.jpg
転倒防止のため基礎ブロックに金具で固定しとく。
この場所はあまり風が当たらないけど念のため。

IMG_2444.jpg
こういうとこ入りたがるよねぇ。

IMG_2449.jpg
手作り味噌の保管場所に。

カギもかかるので安心。
まぁ味噌を盗む人もいないだろうけど。

ドラレコ映像チェック

実際に走行してバイクのドラレコ映像をチェック。

rec1.jpg
広めのバイパス道。
フロントスクリーンの映り込みは許容範囲かと。
ちょっと水平がずれてるかな?

音は風切りもなくエンジンの音がキレイに入っている。

rec4.jpg
市街地。
広角レンズで横からアタックしてくる方々も余裕で
キャッチ。

rec2.jpg
トンネル。
ライト上部のバー(下にちらっと映っているもの)への
ライト光の反射が影響しないか気になっていたが問題ない様子。

rec3.jpg
リアカメラ映像。
こちらもすごい広角。

rec5.jpg
車間距離の近い車はこんな感じに写る。
(※信号待ち中です)
広角すぎてあまり近い感じがしないけど、ナンバーは
バッチリ。

衝撃センサーの感度が良すぎて、ちょっとした段差の
振動でも衝撃感知映像として記録されてしまってたので
センサー感度を落とした。

画質はひとまず「最高」の設定。
これだと付属の16GBマイクロSDで1時間ほどしか撮れない。
ツーリングの映像を見返したいなぁ、なんてときのことを
考えると128GBは欲しいところ。
これはまた後日かね。

バイク用ドラレコ取り付け

万が一への備えとバイクいじりの趣味を兼ねて
セローにドラレコを取り付け。

IMG_2330.jpg
ドラレコはミツバサンコーワEDR-21。
前後2カメラタイプ。
バイク用品店のセールで1割引&ポイント5倍デーで
お得に購入。

ハンドルバーに取り付けるブラケットと、電源ラインに
割り込むためのハーネス(セロー用)も準備した。

IMG_2336.jpg
取り付けの第一関門。
リアボックスのベースプレートが干渉してシートが
外せない。
あとほんの5ミリ後ろだったらよかったのになぁGIVIさん。

プレートのボルトをガタガタに緩めてずらしたら
なんとかシートを外せた。

IMG_2341.jpg
シートと外装を取り外す。
ただでさえスリムなセローがさらにスリムに。速そう。

IMG_2340.jpg
バッテリー周りはこれでもかってくらいに配線が
押し込まれている。もはや芸術。

まずは電源の確保。
バッテリーの+、−端子、そしてイグニッションONで
通電する配線にドラレコの電源ラインを接続する。

IMG_2342.jpg
配線をかきわけ、黄色のコネクターを探す。
これがナンバープレート灯の配線。

IMG_2343.jpg
割り込みハーネスを接続。
セロー専用設計なのでポン付けでらくらく。

これでイグニッションONでドラレコもONになる。

バッテリーの方はターミナルに直接接続した。

IMG_2348.jpg
フロントカメラはスクリーンのマルチパーパスバー
にブラケットで装着。

IMG_2347.jpg
リアカメラはキャリアに両面テープで取り付け。
さりげないアピールがポイントね。

IMG_2370.jpg
操作ボタン&インジケーターはメーター下に。

スマホと無線LANで接続して設定や画像の取り込みを
おこなうときはこのボタンで操作する。

IMG_2345.jpg
本体にもろもろ接続して動作テスト。

IMG_2383.jpg
スマホと接続してフロントカメラ映像をチェック。
若干スクリーンの映り込みが気になるけどまぁ良いか。

しかしすごい広角。
我が家の庭も広く見えますな。

IMG_2357.jpg
ここで問題発生。
ドラレコ本体が邪魔になってシートが浮いてしまう。
オフロードバイクは立ったり座ったり前後に移動したり
して乗るものなのでシートへの負荷が多く、これは
あまりよろしくない。
それにここはエアークリーナーの場所・・

ロードバイクならシート下に十分なスペースがあるらしいが
さすがはセロー。スペース無さすぎ。

IMG_2381.jpg
ということで本体の設置場所を変更。
ハンドルポスト裏の書類&工具が収まっているスペースに
なんとか入りそうだ。

カードの入れ替えなど本体のメンテナンスを考えると
この場所のほうが正解かな。

IMG_2386.jpg
本体はベルトで固定。
ベルトを通すのにタンクを外したり配線のルートを
またやり直したり、えらい騒ぎに。

なので実際には作業に二日かかってしまった。
腰いて〜