絹婚式

令和3年3月3日。確変ゾロ目のひな祭り。
3月3日は結婚記念日でもある。
おかげさまで12年目。

IMG_2200.jpg
結婚12年目は「シルク(絹)婚式」というらしい。
ということで自分にはシルクのネクタイ、嫁さんには
シルク(カシミヤ混合だけど)のストールを贈った。

これからもよろしくお願いしマッスル。

サロンデビュー

娘が髪を切りたいと言い出した。
今までは嫁さんが切ってあげていたが、
どうやら希望の髪型があるらしい。

IMG_2182.jpg
ということでいつもお世話になってる美容室で
切ってもらうことに。
娘、美容院デビュー。

IMG_2191.jpg
ばっさり。
希望通りの髪型のようでご満悦。
こりゃ素人には無理だわ。

もうすぐ二年生。
オシャレにも目覚め始めるお年頃でありますなあ。

12ヶ月点検

アルファード12ヶ月点検。
メンテナンスパックでエンジンオイル&フィルター、
フロントワイパーゴム交換。
ついでに室内除菌消臭のクレベリンも。

IMG_2110.jpg
もう買ってから1年経つのか。早いね。
レアなカラーの赤いアルファードだが、一度だけ同じ色の
とすれ違ったことがある。

IMG_2179.jpg
ブレーキホールド機能は気に入って使っている。
信号待ちなんかではじつに便利。

車速が0km/hになるとホールドがかかるわけではなく、
さらにブレーキを踏み込まないとかからない。
スーパーの駐車場なんかでノロノロ走ってる時なんかは
停まるたんびにホールドされると鬱陶しいものね。

IMG_2176.jpg
逆にほとんど使ってないのはこのオートハイビーム。
ハイビームの切り替えくらいは自分でやります。はい。

点検から戻ってきたらブレーキのタッチが変わっていた。
なにかを調整したのかカックンブレーキ気味に。

お雛さま出した

雨水の日ということでお雛さまのお出まし。

IMG_2173.jpg
雨水は太陽黄経330度になった瞬間。
今年は2月18日19時44分だそうだ。

ちなみに立春は太陽黄経315度になった瞬間で、
今年は2月3日23時59分だった。
1分早かったのか。

次の二十四節気は太陽黄経345度の啓蟄(けいちつ)。
もうすぐ春ってかんじの響きで良いね。

23:08福島沖M7.1

寝込みを襲われるとはこのこと。

下から突き上げるようなゴンッという縦揺れで目が覚め、
携帯の緊急地震速報が鳴った。
その後縦と横が混ざったような激しい揺れが1分近く続いた。
3.11を経験した人なら誰もが「これヤバいやつ」と本能的に
わかる揺れ。

宮城県内の最大震度は6強、仙台市で5強であった。

棚から物が落ちて娘の絵が入った額縁のフレームが折れたりは
したが、食器棚の耐震ラッチのおかげもあって大きな被害は
なかった。

IMG_2157.jpg
だがメダカの水槽の周囲はビショビショに。
倒れた水草やズゴックがシェイクの激しさを物語る。

水槽の水は3センチほど減っていた。
この水槽は横幅38.5センチ、奥行き19センチなので
38.5×19×3=2194立方センチ。
推定2リットルほどの水があふれ出したことになる。
結構な量がぶちまかれたようだ。
メダカは全員おり、外に飛び出した子はいないことを確認。

気象庁によれば東日本大震災の余震とのこと。
10年経ってこんなのが来るのねぇ。
とはいえ本震はM9.0に対し、今回はM7.1。
マグニチュードは1増えるとエネルギーは32倍になるので
エネルギーとしては本震の約1000分の1。
そう考えると余震といえば余震なのか。

伊豆沼

毎朝、うちの上空を白鳥が数羽飛んでいく。
どこかの寝ぐらから田んぼに飛んできてるのかな。
鳴き声が大きいので家の中にいても飛んできたのが
わかる。

そんな白鳥さんたちもぼちぼち北へ帰るようなので
伊豆沼へ。

IMG_2138.jpg
あまりいないねぇ。

大半は餌を取りに出ていたり、北に帰り始めたのも
いるらしい。

IMG_2125.jpg
米はぜ(売店でひと袋100円)をあげる。

帰る前に腹ごしらえしとけー

後乗りで

劇場版鬼滅の刃を観に行く。

そろそろ空いてるかな?と思ったら密にならない
程度には混んでいた。

座席はとくに間隔を開けてるわけではなく
ポップコーンの飲食も禁止ではなかった。
ただし上映中に食べておくれ、とのこと。

IMG_2112.jpg
面白かったねー。

娘の着ているのは胡蝶しのぶ柄。

映画を観終わって出ると、煉獄さんの炎柄が入った
パーカーを着た女の子がいた。
娘と同じくらいの年かな。
そのお姉ちゃんらしき子は富岡義勇風の半々羽織柄の
上着を着ている。
すごいな、あんなのもあるんだ。
炎柄のパーカー、ちょっと欲しいかも(笑)

なんて思ってたら、その家族から「こんにちわ!」
と声をかけられた。
なんと娘と同じ幼稚園だった子であった。
マスクしてたからわかんなかったわぁ。