図面番号2打ち合わせ

一条工務店と打ち合わせ。
今回はモデルルームで実際のロフトと出窓を確認。

画像

ロフト。
最初はおっかなびっくりだった息子もすぐに慣れて
ハシゴを上り下りしてた。
採用ってことで良いかな。

ロフト一式と勾配天井はオプション。
カネのかかった秘密基地である(笑)

画像

こちらは出窓。
これぞ一条工務店、って感じのゴージャスなデザイン。
ちょっと古臭いという意見もあって好みも分かれるが
窓辺に座れるってのが良い。
うん、リビングは出窓にしましょう。

折しも寒波襲来で外は氷点下の極寒なはずなんだけど
床暖房&高断熱のおかげで室内はじつに暖か。
なかでも窓の断熱性は凄く、ガラスに触れても外の冷たさが
まったく伝わってこない。どうなってんだこれ。

一条工務店の家はとくに高気密高断熱にこだわっている。
他のハウスメーカーでは外気を上手く取り入れる構造になっている
のが多く、「一条さんの高気密はもう時代遅れなんですよ」という
メーカーもあった。
賛否両論ってとこだけど断熱して暖めるという方が自分の考えにも
合っており、このへんが一条の家に決めた理由でもある。

ただ高気密ゆえに夏でも窓を開けることを想定していない。
なにしろ網戸もオプションになっているほどだ。
へたに開けとくと外の湿気が押し入れとかに入り込んでしまうのだそう。
夏は窓を開けて風を通したいと思ってたんだけどなぁ。
まずは住んでみて必要なら網戸を付けましょうってことになった。

画像

こちらは洗面所。

画像

扉の位置を変更。

これは設計士さんの提案で、こうすれば端っこに洗濯カゴなんかを
置けますよね、とのこと。
ほほう。たしかにそうかも。

すごいねぇ。そんなこと考えもしなかった。

これにて間取りはほとんど決定。

次回は2週間後。
誰もが「ちがう。ここじゃない」と建ててから思うと言われている
コンセント位置の検討にはいる。

この記事へのコメント